家族葬へ参列する場合

近しい範囲で家族葬が行われる場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。家族葬は通常とのお葬式とは違うので、こちらが通常のお葬式の常識やルールに則ってやろうとしたことは逆に相手側にとって失礼になってしまう場合もあります。冠婚葬祭の行事でもあるので、十分に注意をすることが必要です。

まず参列ですが、たとえ親戚であっても、事前に呼ばれていないのであれば控える方がいいでしょう。通常のお葬式であれば、突然の弔問もこころよく迎えてくれますが、家族葬では先方への迷惑にあたります。通常のお葬式は周囲への告知の意味もありますので、元々ある程度はそういった突然の弔問客にも対応できるように事前に準備されています。しかし家族葬は家族のみで故人を送るお葬式のため、そういった場合の対処は最初から考えられていません。家族葬の最中に突然の弔問をすると先方を驚かせ困惑させてしまうので控えましょう。

お葬式の相手にもよりますが、どうしてもお悔やみの気持ちを伝えたい場合もあります。そんな相手の場合には、まず前もって先方へ連絡し、弔問に訪れても良いかどうかを確認しましょう。参列できなくても、無理に相手にお願いするのはタブーです。家族葬は家族だけで故人を悼み弔うお葬式です。親戚だとしてもごく近しい知人だとしても、家族ではない以上お葬式に呼ばれない場合もあります。その可能性は念頭に置いておくようにしておきましょう。

家族葬に参列する場合は、家族の負担にならないように注意することも必要です。通常のお葬式の場合は家族が弔問客を受け入れもてなす側ですが、家族葬では弔問客としての扱いはなく、平等にお葬式の参列者として扱われることがほとんどです。基本として家族が優先されるようになっていますので、参列する場合は故人への弔意だけでなく家族への配慮もしておく必要があります。家族内の行事にそっと参加させてもらっている、といった気持ちでいた方がいいでしょう。参列する場合もしない場合も、家族葬では特に家族への気遣いが通常のお葬式以上に必要です。相手は家族が亡くなって悲しみに暮れているということを決して忘れず、礼儀と思いやりを持って接しましょう。